Macの化学系フリーソフトでどこまでできる?
構造式エディター編

 

フリーソフトの種類が少ないMacの中で使えそうな化学系フリーソフトを紹介します。

フリーソフトを使えば、高いChemDrawとかを買わなくても何とかなります!

 まずは合成系はこれがないと始まらない構造式エディターから。Macで使えるフリーの構造式エディターには以下のものがあります。どれもMac専用ではなくJAVAなどの共通言語で動いているので、WindowsやUNIXでも使えます。なのでレビューサイトもいくつか有るようです。
 それぞれを使ってみた感想は以下のとおりです。BkChemはよさそうなんだけど、今のところSyntax Errorが出て動きません(先にPython2.5を入れてしまったせいかも・・・・)。 ←Snow Leopardにしたらあっさりインストールできました。

使いやすさ 速度 機能 インストール
のしやすさ
Xdrawchem ◎〜○ ○〜△
JChemPaint X X
Bkchem ○?
Marvin Sketch



それぞれの使い方とかは近日公開予定です。

総合的にはMarvin Sketchかなあ・・・・・・ChemDrawを使ったことがない人が使ったらストレスはないでしょうし、慣れたら遜色ないです。少なくともちょっと前のChemDrawより高性能です。ただ、構造が大きくなると急に重くなる感じもします。あとは、水素の自動でのつけ方・deleteキーで構造が消せない・選択後にカーソルで移動できない・図形が少ないあたりがが面倒かな。ただ、3D画像への変換は便利です。Xdrawchemもバグが取れれば(今後アップデートされる見込みはないかも))十分使えるし、直接印刷しないのであればこっちの方がいい人も多いはず。BKChemもよさそうなんだけど、試せてません。はもしかすると一番いいかも。

結論: 構造書くのはフリーソフトでも十分やっていけます。

ただし、もちろんChemDrawの方がちょっと使いやすい。各自、費用対効果で考えましょう。


OS9までの人だったらISIS Drawがおすすめです。
少しお金を出してもよいという人なら、ChemDoodleがかなり使いやすいです。$69.95で、ChemDraw並みの機能があります。ちなみにChemDrawと違ってKeynoteに貼ってもずれがないのは返ってこっちがよいかも。
http://www.chemdoodle.com/
  


戻る

トップページへ